マンガでわかる!来客対応【エレベーターでの案内マナー】

ブロガーののぞみんです。

今回は、新入社員のためのビジネスマナーシリーズとして「エレベーターでの案内マナー」についてご紹介したいと思います。

来客対応が苦手な方でも、このルールさえおさえれば大丈夫。

案内マナーのポイントを理解し、今後のビジネス人生に活かしていきましょう。

エレベーターでの案内マナー(乗り方・おり方・見送り方)

エレベータでの対応説明図

ここでは、お客様が会社の1階ロビーに到着。

お客様を「エレベーターで目的地へ案内するとき」の正しい誘導の仕方について説明していきます。

エレベータでの対応説明図

エレベーターに誰も乗っていなかった場合

1.お客様より先に乗る

エレベータでの対応説明図_1
お客様とあなたどちらが先に乗るかですが、誰もエレベーターに乗っていない場合は、「お先に失礼します」と声をかけ、あなたが先に乗りましょう。

2.エレベーターの中へ案内する

エレベータでの対応説明図_1
エレベーターに乗ったら、「開く」のボタンを押したまま、扉をおさえ、お客様を中へ案内します。

エレベーターに誰かが乗っていた場合

1.お客様から先に乗っていただくように案内する

エレベータでの対応説明図_1
もし、エレベーターが開いたときに、誰かが乗っていた場合は、ホール側のボタンを押しながら、もう片方の手で扉をおさえ、「どうぞ」と声をかけ、お客様から先に乗っていただくように案内します。

2.エレベーターは、操作盤が近いほうから乗る

エレベータでの対応説明図_1
エレベーターは、入って左奥が上座(1番)になります。お客様をエレベーターへ案内した後は、「操作盤が近いほうから乗る(3番、4番)」ようにしましょう。

おりるとき

お客様から先におりていただくように案内する

エレベータでの対応説明図_1

目的の階についたら、「どうぞ」と声をかけ、先にお客様からおりていただくように案内しましょう。

お見送りするとき

おじぎをしっかりする

エレベータでの対応説明図_1

お客様をエレベータへ案内した後は、「ありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えたあと、扉が閉まり1つ下の階におりるまで、おじぎの姿勢(45度)をキープしましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。

お客様をエレベーターで案内するだけでも、いろいろな決まりがあることがわかったかと思います。

たとえば、エレベーターが閉まるまで「おじぎ」するだけでもあなたに対する印象がぜんぜん変ってきますので、恥ずかしがらずに対応しましょう。

やはり、人に親切にされると、気持ちがいいです。

こんな記事もあるよ!

本記事のようにビジネスマナーについて、マンガ形式で紹介しています。よかったら目を通してみてください。

マンガでわかる!来客対応【お茶・コーヒーの出し方】

2017.09.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

のぞみん

皆さん、こんにちは。内向的な性格なんですが、この度ブログというツールを活用し、少しでも外交的な性格にチェンジできればと思い、チャレンジしてみることにしました!ジャンル問わず様々な分野を経験し、ネタを提供できればと思います。